インターネットのビジネスで成功を収めるためには何よりもオリジナリティーが大事になってくると思います。既存である程度のビジネスが確立されているため、世の中で目新しいビジネスであること、ユーザ視点でメリットをいかに感じさせることができるかが大きなポイントになります。例えば、今更後発組でインターネット販売のモールを当たり前のように構える程度ではパイオニアとの差別化を図ることが難しく誘客を図ることさえも難しいでしょう。かといって、ブルーオーシャン戦略を形どって全く新しいことを行うにしてもきちんとしたマーケティングをベースにして、ビジネスを確立していかなければそこに成功はないと言えるでしょう。
インターネットビジネスの1番のメリットは製造業等と違って初期投資が少なくて済むことです。ですから、1回失敗したからといってそれで全てが終わってしまうわけではありません。もちろん、初期投資が0円と言うわけにはいきませんがある程度のリスクを見つつもトライ&エラーで何とかビジネスにトライしていくことこそが成功への秘訣になっていくと思います。
そして、ネットビジネスに関しては通常のビジネスと同じく単独で全てを行うのではなくアライアンスを組みながら同業者やまたはときにはライバルとなる事業者とも連携をとりながら仕事を進めることが効率的だといえます。もちろん、人、モノ、カネといったビジネスの基本を自前で賄う事は難しいのですから当たり前のことといえます。
しかしながらインターネットビジネスにおいてはさらに踏み込んで他社と連携をしながらビジネスを進めなければなかなか自前主義で成功を収める事は難しいと考えられます。もちろん、余剰資金があり、人材も豊富で、インフラも充実しているのであれば自前で賄えるに越した事はありません。
インターネットビジネスで何よりも大事なのは冒頭で述べた通り後発組であってもオリジナリティーがあったり、ブルーオーシャン戦略がマーケティングに基づいたものであると言うポイントにあります。ですから、様々な調査を行ったあげく何が正しいのかは分かりませんが経営者自身がこれならヒットすると考えたものをまずはトライ&エラーで実施してみることが成功につながってくると思います。
そして、これも繰り返しになりますがいちど失敗したからといって決して諦める必要はありません。どんな経営者であってもどのような事業形態であっても失敗はつきものです。